MENU

志望動機の考え方のポイントは?現役Webデザイナーがポイントを紹介します

履歴書や職務経歴書を書く時にそれなりに時間がかかる「志望動機」

考えるのも書くのも大変な作業ですが「応募している会社に貢献できるか?」という事を軸に考えた上で志望動機を文章化し、その内容を一貫して応募から面接まで伝えられると面接官からのイメージはとてもよくなります。

自己PRであれば一度考えてしまえば複数の面接で使いまわすこともできますが、志望動機に関しては使い回しができないので、それぞれの企業に合わせたものを作ることが必要となるためとても時間のかかる作業です。

ですが、志望動機は面接において非常に大切なポイントでありますので、手を抜くことはご法度です。

そこでこの記事では、現役Webデザイナーである私目線で企業の人の目にとまる「志望動機」について書き方のポイントをお伝えしていきます。

ポイントを抑えておくだけでもライバルと差をつけられますので、志望動機にお悩みの方はぜひ最後まで読んでみてください。

目次

まずは企業の事を知ろう

志望動機を考えるときにもっとも大切なのは、あなたが受ける企業がどんな企業なのかを知ることです。企業のことを全然知らないのにも関わらず、それっぽい志望動機を書いても見抜かれてしまいます。

なぜなら、志望動機を見るのはあなたが志望している企業の面接担当で、企業のことについてはこれ以上無いくらいに詳しいからです。当然、「企業のホームページの内容が自分に合っていたから」などの内容の薄い志望動機では面接担当にあなたの気持ちは届きません。

例えば、あなたが異性から告白された時に「顔が良くて優しいから」と言われても、「自分の他にも同じような人はいるよね」と思いませんか?

企業面接でも同じように、どれだけ自分と企業がマッチしているのかを言葉にして伝える必要があるのです。

それには企業について詳しく知ることは欠かせませんよね。

どんな事業をしているのか、これからどういう事業展開をしていくのか、どういう人を求めているのか…等、ホームページや募集要項から深く掘り下げていってみましょう。

企業のファンで終わらない

志望動機でよくある内容が「〇〇社の△△なところに感銘を受けたので、貴社で働きたいと考えています」といったものです。

よく企業について知り、ファンであることは強く伝わるのですが、このような方は企業に入社することがゴールになっていることも少なくありません。

このように入社がゴールとして考えられている方の多くは入社後のイメージを明確に持っていませんので、面接で入社後の自分の姿について聞いてもしっかりと答えられる方は少ないです。

それでは、面接官としてはなかなか採用までに踏み切れません。

もちろん企業への愛を持つことは非常に大切ですが、それよりも入社した後に自分がどのような仕事をしてどのように成長していきたいのかをより明確にすることがさらに重要です。また、企業への愛が強すぎる人は入社後にギャップを感じることも多い傾向があります。

ぜひ、企業のファンであることだけでなく、入社後の自分の姿を具体的に志望動機に盛り込んでみてださい。

たくさん書き出してみて、組み立てよう

とはいえ、自分の考えをいきなり文章にして文章を作り上げるのはとても難しいですよね。

そこでオススメなのが、箇条書きにしてとにかく思うことをたくさん書き出してみることです。

以下のような内容から書き出してみてください。

  • 業界を選んだ理由
  • 企業を選んだ理由
  • その企業の強みは?
  • その企業は今後どういう方向性に向かう?
  • 向かう方向性にどのように価値提供できるか?

このように箇条書きすることで、「なぜこの業界を志望したのか?」や「この企業で自分はどうなりたいのか」など、あなたの考えや思いが明確になるので志望動機が非常に書きやすくなります。

また、志望動機の文章を組み立てやすくなりますので、時間効率も格段に良くなるはずです。

企業の方向性を考え、自己PRを盛り込み志望動機を磨いていこう

企業について詳しく調べていくと、どのような方向性で企業が動いているのかが分かってくるのではないでしょうか。

その方向性に合わせた仕事であなたに何ができるかを考えましょう。

いくら企業に愛があって成長意欲が高くても、企業の目指している方向とあまりにも異なっているのであれば採用されにくいです。

また、企業の方向性に合わせた志望動機を書くことで、「この人を採用したらこうなりそう」といったように、面接官としても採用後のことをイメージしやすくなります。

また、同じように応募しているライバルがいるとすれば採用担当は決裁権がある人に「明確にあなたを推薦する理由」が言いやすくなります。

同じ企業に面接を受けにきているライバルとも差をつけることのできるポイントですので、ぜひ企業の方向性についてもよく調べてみてください。

まとめ

今回は志望動機の組み立て方や、より効果的な志望動機を書くためのポイントをご紹介していきました。

人気の企業であればあるほど多くの人を面接しているので、テンプレートのような志望動機はしっかりと見てすら貰えない可能性もあります。

それでは残念ですし、何よりあなたが志望動機の書いた頑張った時間が無駄になりかねません。

ぜひ、ライバルと差をつけあなたにも企業にもより良い面接となるよう、志望動機にこだわってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

インハウスデザイナーとして奮闘している昭和生まれ。日々精進・日々勉強をモットーに、制作人生を謳歌しています。いまはサービスつくってみたい!という衝動に駆られています。

にほんブログ村の応援もよろしくお願いします。

目次